スリムゼウス 加圧トレーニング

加圧トレーニングと成長ホルモン

加圧トレーニングとは、血流を制限した状態で行うトレーニングのことをいいます。
スリムゼウスを着用することで、上半身の血流を制限させます。

成長ホルモンの分泌量が増える

スリムゼウスを着用すると、血流制限によって、筋血管内の乳酸濃度がスリムゼウスを着用していない状態とくらべると高まり、筋肉内のレセプターを強く刺激していきます。

 

このレセプターからの信号が、成長ホルモンを分泌させる脳下垂体へ作用を促し、成長ホルモンなどが大量に分泌されるようになります。
スリムゼウスを着用すると成長ホルモンの分泌量が増えるメカニズムとしてはこのような理由があります。

 

成長ホルモンとは

脳の下垂体から分泌されるホルモンのひとつです。
いろいろな働きを持っていますが、簡単に言うと、骨や内臓や筋肉の成長を促します。
骨や筋肉の代謝、糖・脂質・タンパク質の代謝、精神状態、皮膚や粘膜の入れ替えに関わっているのです。